超豪華プレゼント

◆老後不安の解消法はこれ!【50代のあなたが加入している保険は大丈夫か?】

50代のシンプルな暮らし方講座

若い時には、営業マンにいわれるがままに保険に加入したけれども
保険料の負担が大変でどこをどう削ればいいのか?

わからずにいる人もけっこう多いようです。

 

保険は難しいという先入観があったりするので50代になっても
「保険に加入しているから大丈夫だよ!」と片付けてしまいがちです。

 

しかし、50代になったら一度
保険について見直す時間を持つことがあなたにとって必要だと思いますので
ここでお伝えいたします。

 

老後の安心のための生命保険の見直しとは?

生命保険で買える保障というのは、
大きく分けて2つあるといわれます。

それは、

死んだ時に保険金が出る「死亡保障」
入院したら給付金が出る
「医療保障」です。

 

何がいいたいかというと・・・

これからみてみると50代になって
保険の見直しをかける時に考えなくてはいけないのは、

  • 死んだ時にお金をいくら残すのか
  • 病気になったらどれだけのお金が必要か

ということになります。

 

そう考えていくと
実は若い時の保険というのは、「自分に何か起きた時の家族のため」 の保険であって、
定年後は「老後の安心のため」の保険という観点でみていきます。

 

そこで第一に備えて起きたいのが、
「医療保険」や「がん保険」などの医療費をカバーする保険です。

 

内容はさまざまですが、各社から新商品が次々と発表されているので
今までの保険を見直すにしてもどの商品にすればいいのかと判断するにしても
専門家のお話を聞かずに判断することが難しくなっています。

 

そんな場合は、

「ほけんの窓口」や「保険見直し本舗」、「ほけんの110番」など

  • 複数の保険会社の商品を比較してくれて
  • 年齢や予算などに合わせた最適のアドバイスをしてくれる

企業もあるので利用するといいでしょう。

 

つまり、

次々のと発表される新商品と見比べつつ、2~3年ごとにあなたにとってベストな保険へと
乗り換えていくことが家族に対して安心を与えることになります。

 

介護保険や地震保険もチェックしておく必要あり

生命保険のほかに注目したい保険が、「民間の介護保険」です。

 

理由は、

あなたが年をとって実際に介護保険が必要になった場合には、
介護一時金やそれ以降の介護年金が提供されるようになるからです。

 

人は70歳後半からは要介護状態になる可能性も高まるといわれていて
介護施設への入所や在宅介護をするにも経済的な負担がかかります。

ですので民間の介護保険に加入することができれば、
こうした介護不安を軽減することにつながりますのでお勧めです。

 

また、

火災保険や地震保険についても最近では、災害も多くなっていますので老後が不安と
感じる方は、解消するためにも加入を検討してみるのもいいかもしれません。

 

 

つまり、

50代になったら、一度人生を振り返ってみてより豊かに第二の人生を楽しく送るために
「老後の安心」という観点でいま加入しているあなたの保険を見直してみるといいでしょう。

加入している保険を見直すことで
将来にむけての安心が得られます。

 

ポイントとしては、

  • 年齢による病気のリスクに備えて医療保険を見直してみる
  • 70歳後半に介護率が高まる備えとして民間の介護保険への加入を検討してみる
  • 火災保険ではなく、最近多くなっている地震の備えに地震保険の加入も検討してみる

という3つをお伝えします。

 

とはいえ、保険の掛け金は大きな負担となります。

すこしでもあなたが納得できるライフスタイルを設計されたうえでの
保険の見直しをされることをお勧めします。

 

50代からは、「経済的な不安、老後不安のないシンプルで豊かな暮らしをしたい!」
そう考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、とっても大事なことだと思います。

 

 

▼こちらもあわせて確認すると老後不安が解消されますよ。

↓ ↓ ↓

50代からの老後家計が不安な方へ【経済不安の解消法公開!】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
50代のシンプルな暮らし方講座
シェアする
gg358をフォローする
50代からはじめる3ステップアフィリ90日実践講座