50代で月5万円稼ぐ副業の種類を徹底解析!ブランディング化して起業しよう!

■月5万円副業術講座

2020年、働き方改革などの影響でどの年代の方でも副業で月5万円稼ぐことが
非常に簡単になってきているという話をご存でしょうか?

ましてや、これからの副業は、従来型の働き方と違ってきているから、ストック資産に
手を付けずフロー収入を増やしたい50代以上の方には、打って付けの
「新しいスタイルの副業」だといわれています。

 

ジジイ自ら第二の人生をハッピーエンドにしたいがためにブランディング化して
起業できる副業にはどんなものがあるのかを徹底検証しましたので公開します。

 

まずはじめに「新しいスタイルの副業」といわれるものを分類してみると
大きく5つに分けられ、その中での共通点として上げられるのが次の4点です。

  1. 自分で時間調整ができる
  2. パソコン1台で登録から報酬の受取りまで完結できる
  3. いきなりの投資や初期費用はない
  4. 肉体的労働は必要ない

 

ただし、講師などの活動の場合は会場を借りるなどパソコンのみでは、
完結しないことがありますし、自分の作品を販売したい場合などは、
登録料や手数料が発生することがあります。

それでは、

新しいスタイルの副業を1つずつ、解説していきましょう。

 

◆すぐ始められる「ネット販売系の副業」

代表的なものでは・・・

  • 通販のプラットフォームを使った「amazon(アマゾン)」
  • フリマアプリで不用品を売る「mercari(メルカリ)」
  • 進化して使いやすくなった「ヤフオク!」
  • 在庫を持たないネット販売「もしもドロップシッピング」

など。

資格も何も必要なく、不用品の処分を手軽にスタート出来るネットでモノを
販売する副業です。

 

以前は、ヤフオク!のようなオークションスタイルが多かったが、現在はフリマの
アプリの人気が高まってきている。

現在は、アマゾンの通販プラットフォームを活用した販売する方法も見受けられる
ので買う側の人から売る側の人に変わる良いタイミングかもしれませんね^^。

 

◆自分の頭脳で勝負する「書く系副業」

空き時間を利用して自分の頭脳とパソコンだけを使って仕事ができるのが、「書く」ことを
主体をに副業です。

 

一般的には・・・

  • 未経験者でのスタートしやすい「クラウドソーシング」
  • アマゾンで販売して印税収入を目指せる「kindle(キンドル)」
  • 自分のブログを有料公開できる「note(ノート)」

など。

 

その気になれば自分で電子書籍を発行・販売することや自分のブログを
有料化するという方法もあります。

自分の好きな事、得意な分野がある方は、まだ知らない人に役立つ情報として
書くことを通して発信できるチャンスとなります。

 

◆ビジネスノウハウを伝える「教える系副業」

自分の好きなことや専門的なスキルをいかし、教えることで副業をすることができます。

たとえば・・・

  • 自分の知見をスポットでコンサルする「ビザスク」
  • ビジネススキルや得意なことのコーチングする「サイタ」
  • セミナーを開催するサポートサービスの「Peatix(ピーティックス)」

など。

今の自分にできることをブランディング化することでブログやSNS、メルマガや
YouTubeなどをつかってのコンサルティング提供ができます。

 

◆得意なことを販売する「趣味系副業」

自分の好きなことや専門的なスキルをいかして販売することができますので
大きな収入を望まなければやりがいをもてる副業といえます。

 

そのプラットフォームといえる代表的なサービスが・・・

  • 得意なことを何でも販売できる「coconara(ココナラ)」
  • カメラ好きの方が撮った写真を販売できる「PIXTA(ピクスタ)」
  • 自分で作曲した楽曲を販売できる「tuneCORE(チューンコア)」

など。

自分のスキルや自分で制作したものを販売できるプラットフォームを活用して
販売することが容易にできるようになっています。

 

◆空いた時間や場所を提供する「シェアリング系副業」

最近は、自宅の駐車場などでいうと「空いた時間」や「空いた場所」を誰かに提供する
だけでお金がもらえるというからとても魅力的な副業です。

 

「akippa(アキッパ)」のサービスを利用すれば、自宅の駐車場の「空いている時間」を
貸し出して副収入にするというものだから何もせずに収入が入るというもの。

本業が忙しく副業なんかと考える人でも気軽に貸し出してできるものです。

 

◆まとめ

大きな収入を望まない月5万円の副業として大きく5つに分けてご紹介してきました。

  • すぐ始められる「ネット販売系の副業」
  • 自分の頭脳で勝負する「書く系副業」
  • ビジネスノウハウを伝える「教える系副業」
  • 得意なことを販売する「趣味系副業」
  • 空いた時間や場所を提供する「シェアリング系副業」

 

ただ、どの副業に共通していえることですが、プラットフォーム(サービス)を
利用して収入を得る場合、何らかの理由である時突然にやっているサービスや
プラットフォームが中止になるというケースも考えられます。

 

つまり、

プラットフォームがなくなる確率は、ほぼほぼ低いですがIT業界の世界は、
突然システムが変更になったり、中止したりするのでゼロではありません。

そうなった場合、収入がゼロになってしまうというリスクが高いということも
覚えておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
■月5万円副業術講座
シェアする
gg358をフォローする
50代からはじめる3ステップアフィリ90日実践講座