超豪華プレゼント

ブログ初心者がFacebook 集客! 【アクセスアップ5つの基本】

フェイスブック

フェイスブックを集客利用?

ブログなどで記事を書いたからには、たくさんの人に見てもらいたいもの。

そのためには、アクセスをただ待っているだけではなく、
フェイスブックを使ってどんどん情報を発信していくことがポイント。

 

アクティブユーザー数世界一のSNS

Facebook というのは、アクティブユーザー数世界一のSNS。
ソーシャルワーキングサービスですよね。

ソーシャルメディアともいわれたりしています。

 

実名で「顔が見えるつきあい」ができるというのが特徴で
知り合いだったり、旧知の人と交流するというのが主な使い方になります。

 

集客利用の効果が高い(質が高い)

集客利用の効果が高いというのは?
どういうことかというと

フェイスブックを集客のために利用すると
その集客効果というのが非常に高いといわれます。

ここでは、その理由に関してもこれから説明していきます。

 

まずはSNSとして特徴を知ろう!

年齢層が他のSNSに比べて高い

Facebook は、YouTubeとかLINEとかTwitterとかに比べて
比較的年齢層が高いといえます。

 

やはり、TwitterとかLINEとかそういうものに関しては、
学生(中学生や高校生)とかのアクティブの方が多いのに対して

 

フェイスブックは、

大学生以上から 、60代くらいまでのアクティブユーザーが多いですね。

 

なので、

集客の効率が高いお客様は、
質が高いお客様ということにもつながってくるのです。

 

しかも、

ビジネスに対してとても行動的な人が多いという理由から、
このような年齢層の人が揃っているのです。

 

匿名性が低い

フェイスブックは、
本名(実名)でやっている人のほうが多いのが特徴で。

 

私は、ジジィというアカウントでやっているんですけど
(これもある意味匿名なんですけど・・・^^)

 

これはインターネット上で
情報発信する「ジジィ」として情報発信しているわけですから、

フェイスブックのアカウントの信頼というのは、私本人の信頼性に直接的に
関わってくるといえます。

 

ですから、

匿名性が低いということは、フェイスブック上で大きな反応が取ることができれば、
その信頼度は高まっているということがいえます。

 

直接的に販売・紹介をするのは向いてないといえる

これはいろんな人が検証していてご存知だと思いますが、やはり本名でやっている人が
多いという性質上、

ネットビジネスとか、
アフィリエイトとか、

そういうことばを直接的に使ってしまっては、反応が下がるという傾向にあります。

 

たとえば、

あなたがインタネットですでにすごい有名だとか、だいたいの人が知っている
という状態なら使っていても問題はないですが、そうでなければ、
おすすめしないですね。

 

なぜなら、
反応が下がってしまう傾向にあるからです。

 

集客利用(誘導)が望ましい

ですから、どっちかというと集客としての利用が望ましですよね。

 

アフィリエイトリンクを
投稿のなかに直接はるということではなくて

 

自分のサイトにきてもらうとか、
自分のメールマガジンの登録ページをみてもらうとか。

そのような集客、その誘導に使うのが望ましいということがいえます。

 

つまり、

Facebook 上で信頼を得るというのは、その人本人から直接的に信頼されるということに
つながってきますから、アカウントを育てて信頼関係を気づいていけば非常に強い集客

媒体になるということです。

 

【関連記事】

Facebookを使った集客でアクセスアップを狙うためには、こちらもあわせて
確認すると更にFacebookの理解が深まりますよ。

↓ ↓ ↓

Facebookで集客!プロフィール作成で気をつけたい3つの注意点

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
フェイスブック
シェアする
gg358をフォローする
50代からはじめる3ステップアフィリ90日実践講座