成約率を上げる売れる記事作成の3つのポイントとは?

コンテンツ作成テクニック

成約率を上げる売れる記事作成の3つのポイントとは?

ブログアフィリエイトで成約率を上げるためには、記事を作成するにあたり
絶対に気をつけたいポイントがあります。

そのポイントを知るだけでブログ初心者でも最短最速で成果を出すことが
可能であり、逆に知らなければ、記事を増やし続けてもアクセスアップには、
つながりません。

では、どのようなことに気をつけて記事を作成すれば良いのか?

ここでは売れる商品にするための記事作成のテクニックを
3つにポイントに絞って解説します。

 

1. オリジナルの文章で読者の心をつかむ

・商品・サービスに対しての主観的・客観的な文章

読者の心をつかむには、
自分の感想や体験、好き嫌いなどの主観的な意見を含んだ文章を書くべきです。

なぜなら、誰もが書いているような同じ文章だと基本
読者に読まれないと思った方がいいでしょう。

だからこそ、あなたにしか書けないオリジナルであるべきなのです。

 

そのためには、

スペックや機能、色、大きさ、重さなどの商品やサービスに対しての
客観的な文章も書く必要があります。

 

つまり、

客観的な記述、比較や評価を伝えて
さらにあなたの主観的な意見や感想を書くことで読者にとって価値ある
有益な情報となるのです。

 

読者にとって共感できる記事を読むことで
あなたのブログのリピーターになる可能性があります。

読者があなたとの親近感を持つことで
ブログに何度も訪れてくれます。

そして、 リピートしてくれる読者に対しては、
読者が調べる手間を省けるお得な情報をあなたが提供してあげることで
より濃いファンに成長してくれます。

 

・記事作成の簡単なポイント例

では、主観的な情報、客観的な場、比較した情報をスマートフォンを例に
かんたんにまとめると次のような感じです。

 

2. アフィリエイターの立場を利用してデメリットを伝える

アフリエイターは、 消費者と販売代理店のような役目を果たす
中間に位置するためどちらの視点からも商品やサービスを見ることができます 。

 

・メーカーが記載していないデメリットを書く

商品を利用する消費者としては、メリットはもちろんですが、
デメリット(短所) も実際には知りたいものです。

 

デメリットといっても悪意のあるような文章ではなく、
商品の「改善点」となるイメージでご紹介します。

 

あえて、メーカーが記載していないデメリットを書き、改善点を
提示するだけでお客様の信頼度が逆に上がります。

 

たとえば、

「◯◯の点はよいが、しかし、ここが△△になるともっとよかった」といった
改善点を提案することでブログ運営者のあなたが「正直に記事をかいている」
といった印象が、読者にも広告主にも伝わります。

 

つまり、良いことばっかりを書いているブログよりも
「あの人はなんていっているだろうか?」と興味を持ってもらえるようになり、
記事を読んでもらえる可能性も高くなります。

 

しかも

あなたがもし内容のよい記事を書ける人という認識をされれば、
個別に記事を書いてほしいというオファーもきたりしますので
ますます成果へとつながります。

 

3. 1記事につき説明するのは1商品(1サービス)

・記事のメインを決める

売れる記事にするためには、1記事1商品
「そのページは何について書いてあるのか」読者がひと目でわかる
必要があります。

 

どうしても初心者のころは、1記事の中に
日記、商品の感想、別の商品の話と複数の話題が入ってしまいがちです。

 

これでは、

伝えたいことがぼやけてしまい訴求力が弱く、
リピートしてもう一度読もうと思っても、どの記事だったのか
探しづらいという点もあります。

 

・1記事に1商品は検索エンジン対策にも有利

記事のテーマが1つに絞られているということは、それだけで専門性が
高い記事と認識され、読者のためになると判断されます。

 

つまり、検索上位になる可能性が非常に高くなるのです。

 

読者にとっても

複数の商品を同じページ内で紹介されていると
どちらを買うか迷ってしまい購入意欲がさがり、
せっかくのチャンスを逃してしまいます。

 

反対に

1つの商品を紹介して「これが私のおすすめ商品です!」ということを
明確に伝えることで、読者も惹きつけられ、購入されやすくなる効果が
あるのです。

 

・1つの文章で説明するテーマも絞り、短文にする

文章自体もだらだらと書くのは逆効果で、
テーマを絞り短文でわかりやすく書くことです。

 

なぜなら、

長文になればなるほど主語と述語があいまいになり、
何を書いているのか読者に伝わりづらくなるからです。

 

たとえば、次のようなことです。

このように一つ一つの文章を短文にすることで、読者に内容が
伝わりやすくなります。

 

・キーワードを適度に入れる

1記事1商品(サービス)を意識して記事を書いていくと
おのずと関連キーワードが頻繁に出てくるようになります。

 

もっと意識できるなら、

読者が検索に使いそうなキーワードも意識して書くことを
おすすめします。

 

たとえば、「◯◯シューズ」という名前の商品があったとします。

 

これを記事にしていくと、
メーカー名や商品名「◯◯シューズ」などの単語がキーワードに
なってきますが・・・

 

その商品が子供向けの運動靴だった場合、
「子供」「運動靴」などのキーワードを意識的に使うことで

検索エンジンでは、「子供 運動靴 メーカー名」という3語でも
検索をされた際にヒットしやすくなってくるので有効なのです。

 

つまり、読者目線になって

自分がその商品を買いたいと思った時に、
どのようなキーワードを使って検索するだろうか?・・・と
考えながら記事を書いていくことが重要なポイントとなります。

 

まとめ

成約率を上げる売れる記事作成の3つのポイントとは?

読者の心をつかむオリジナルの文章で
アフィリエイターの立場を聞かせてメーカーが掲載しないデメリットを書くこと。

 

1記事につき説明するのは1商品(サービス)にしてテーマを絞り、
キーワードを適度に入れて短文で書くことで専門性が高くなり、
検索エンジン対策にもとっても有利です。

 

例外としては、

商品の比較だったり、検証する場合は商品を2つ以上、
1記事の中で紹介する
必要があります。

 

性能の良さなどを明確に伝えたい時は、最初に比較対象を紹介して
後半におすすめの商品を紹介するといった流れが効果的です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
にほんブログ村 デザインブログ Webデザインへ ☆応援ポチありがとうございます^^♪
コンテンツ作成テクニック
シェアする
gg358をフォローする
50代からはじめる3ステップアフィリ90日実践講座